そこはかとなく、いじらしく。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
日想:ウォークマンが死んだ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日の雨で、レインコートの中に入れていたのに、水でウォークマンにやられました。

 

いま、乾燥剤と米に埋もれさせて乾燥しているところです。果たして復活するのか……

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

お疲れ様です。

 

残業続きで、帰ってくるのが早くて21時というなんともアレな状況なんですけれども、もう、これがデフォです。定時なんて何時だか忘れました。今日も仕事を残して帰りました。明日できることは今日しない、がモットーなので。

 

今日は部署は違うのですが、デイサービスの職員の送別会がありました。デイルームでみんなで持ち寄って。

 

で、僕もお世話になった方なので、顔を出したら、「なんか歌ってよ」と。

 

「X JAPAN歌ってよ!」とか。

 

まあ、歌うのはいいんですけど、なんかみんな誰かが盛り上げてくれるだろう、みたいな感じで、なんか空気が違ったんですよね。

 

で、退職する方が落語が好きなので、で、落語の話をしていたところだったので、一席披露しました。

 

生まれて初めてです。とくに練習とかもしてなく、ただ観ているだけだったので、うまくできるか不安でしたが、やるしかないな、とやってみました。

 

題目は「酢豆腐」です。

 

僕が古今亭志ん朝のそれを観て、落語にハマったやつです。

 

本格的にやると30分くらいになるもので、さすがに僕もそれはできないので、端折ってやりました。

 

観ていたやつを思い出し思い出し。

 

なんとかやり遂げました。評判も良かったので、安心しました。

 

落語なんて、好きで観ているだけだったので、実際やるなんて思ってもいませんでした。でもまあ、何度も観ているのでなんとか。

 

もっとわかりやすいやつを覚えれば、デイの余興でできるんですけどね。あと覚えてるのは芝浜くらいで、これはさすがに難易度が高すぎる。長いし。唐茄子屋政談とかもわりかし好きで観てるのですが、やっぱり人情ものよりは寿限無とか、そういうやつのがいいですよね。

 

 

 

 

先日、彼女ができた、と書きました。

 

この歳になって、これが事案になる時点でお里が知れる感じは否めません。だって、僕の親友は結婚して、子供が生まれて、家を買ってるんですから。そう、そうなんです。僕もそういう歳になったんです。もう若くはないんですよ。

 

相手は職場の後輩で、21歳になった子なんですけど、これまで付き合ったことがないらしいです。「男性に興味がない」と言っていて、割とガチなオタクで、腐ってます。僕もBLモノを借りて読みました。職場では、腐ってることは隠しているらしいのですが、前に放送されていた『おっさんずラブ』の彼女の感想が周りと違っていて、「もしかして、腐ってる?」と訊いたら、「あ、わかります?」と。僕はテレビがないので、というか、ドラマは観ないのでわからないんですけど、なんかBL要素もあったらしいですね。

 

でも、彼女が入ったときから、気は回るし、素直だし、いい子だなーって思ってたんです。いい彼氏ができて、幸せになってほしいなーと、お兄ちゃんみたいな目線で。

 

僕が現場で働いてたときに、彼女となぜかAV談義になって、夜勤のときに好きな女優を言い合ったりしてて。

 

でも、そのときは、いつかいい恋愛をしてほしいなーって感じで、見守ってたんですけど、先日先輩から彼女が言い寄られてるという話を聞いて。相手がいい人ならたぶん、へー、って感じで終わってたんでしょうけど、その相手が、僕の上司を怒らせた相手で。上司の敵は僕の敵なので、これは面白くない。彼女もドン引いてはいたんですけど、でも面白くない。

 

で、そこで初めて、その後輩のことが好きなんだなって気がついたんですよね。恋愛感情とか、忘れてましたけど、そこで気づいたんです。

 

で、幸いなことに(?)僕が宿直で、彼女が夜勤で、話す時間があったので、そこでいろいろ話していて、彼女からも、アプローチされてるけど、自分はそんな気はない、みたいな感じで言ってたので、そのときに「じゃあ、俺ならどう?」みたいな感じで言って、それから告白をしました。

 

結果は「考えさせてください」とのことだったんですが、相談員の営業力がここで発揮されたのか、「なにに迷ってるの?」と訊いて、話を聞きました。で、まあ、付き合ったことがないので、その受け入れる勇気といいますか、そういうこともろもろが彼女にはなかったので、僕が「じゃあ、お試し期間ってことで」と提案すると、「それなら」と。

 

付き合うに試すもなにもないんですが、彼女のブチ上がっているハードルとか、心の整理とかを考えると、とりあえず……みたいな、ライトな感じでスタートするのがいいのかなと。

 

それで一か月くらいでしょうか。昨日、彼女が、彼氏ができたと、親御さんに報告したと聞いて、「それって、お試し期間は終わりってこと?」と訊くと、無言で頷いて。そのとき、職場のソファで僕が膝枕をするような体勢でハグをしていたんです。で、「心の整理はついたの?俺ことが好きってことでいいの?」と訊くと、また無言で頷いて。

 

で、「じゃあ、顔を見て言って」と言うと、頑なにその体勢を解こうとしないので、無理やり起こすと、

 

彼女「じゃあ、そこの倉庫で言うので!」

僕 「それじゃなにも聞こえないじゃん!ほら、ちゃんと顔をあげなさい」

彼女「じゃあ、眼鏡外していいですか」

僕 「いいよ」

彼女(眼鏡を外す)「これなら見えないので大丈夫です」

僕 (顔を近づける)

彼女「近い!近い!近い!」(目をつむる)

僕 「で、(彼女)は、誰を、どう思ってるの?」

 

って感じで、口を割らせました☆彡

 

そんなこんなで、無事にお試し期間も終わり、正式に恋人同士になりました。

 

お互いにマイペースなので、なかなか予定が合わない日が続いて、それで電話したときに、声を聞いて「これだ!」って思ったそうです。決め手は。

 

血液型、お互いB型なので、そういうのもあるのかなーと。血液型占いは眉唾ですが、傾向としては確かにあるのかもしれませんね。

 

さっきの先輩はA型なので、「それでよく成立したな」とびっくりしてました。「俺は束縛されたいし、したい」とのことで、僕は「されたくないから、しない」って感じなので。今度、例の定例会がある話をしたときも、「友達だってわかってるので大丈夫」とのことで。

 

彼女も大切ですが、友達も大切なので、そこで駄々をこねられたら終わりだな、と思ってたのでよかったです。

 

 

 

これ、酒飲みながら書いているので、あとで「あー!!!!」ってなるやつだと思うのですが、酔いに任せないと書けないので、これもまた、いとをかしかと。

 

なんというか、見守りたい一心だったのが、まさかそれが好きだったとは、と、自分でも驚いています。

 

感情ってのはわからないものですね。

日想:掃除をしたい

JUGEMテーマ:日記・一般

 

GoogleChromeになぜか変な広告が出てうざい。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

いい加減、家の掃除をしたいんです。

 

いや、勝手にしろよって話なんですけど、どうも休みになると気力がない。

 

気が付くとアナザーエデンで脳死プレイをしているという体たらく。

 

でも、おかげでガリユのレベリングが終わりました。脳死プレイでフレイムロードの書と、夢詠みの書というアイテムを手に入れ、脳死プレイでレベリング。次は武器の強化を脳死プレイでやろうと思っています。あー、夢詠みの書でも集めるかなーどうすっかなー。

 

……じゃなくて!

 

家の掃除ですよ。一応、気になったときに気になるところだけをちょちょっとはやってるんですが、水回りとか。布団とかそういうのはここんとこ全然やってないので。

 

ただ、タオルケットはあんまり洗いたくないんですよね。なんていうか、自分の匂いがしないとどうも落ち着かなくて。こういうの、「ライナスの毛布」とか「ブランケット症候群」とか言うらしいです。いまの世の中、なんでも名前があるんですね。

 

まあ、でも、衛生的にも洗わなきゃだしなあ……布団も乾燥させたいし。ウチ、日当たりが悪いので布団乾燥機を買ったんですよ。これ、便利ですね。天気も気にしないでいいし、早いし。

 

6畳の部屋の掃除を億劫がっているようでは、ダメですね。怠惰ですね。もっと愛に報いなければ。

 

 

 

アナザーエデンの話です。

 

ガリユという、イベントで手に入るキャラがいて、それを育てていたんですけど、これがめっちゃ強い。火属性の魔法キャラなんですが、めっちゃ強い。速攻でスタメンに入りました。

 

いま、属性ごとにパーティを組んでいるところで、それで必要に応じてメインパーティを組んでいく、という感じでやっています。で、ガリユが育ったので、火属性はこれで完成です。新キャラのホオズキも気になるところですが、僕はツキハちゃん一筋なので。ツキハちゃん、めっちゃかわいいです。腕力はないけど、サポートとしては優秀。まあまあ火力もあるので、使い勝手がいいです。

 

さて、次は地属性がそろっていないので、そこを育てようかと。脳死プレイ。

日想:いろいろやってみたけれど

JUGEMテーマ:日記・一般

 

彼女ができました。(3年ぶり3度目)

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

なんというか、こう、発信したい欲が強く、いろいろな形でやってみてはみたのですが、どれも長続きしませんね。

 

やっぱり、YouTubeしかり、なんにしても、それなりに勉強しなきゃいけないわけで。

 

喋って録画するだけだから簡単かなーなんて思ってたのですが、まあ、まず話す内容がない。雑談といっても雑談ほど苦手なものはありませんからね、僕。とくに発信するとなると。

 

そんなわけで、結局このサイト一本に絞ろうかと思います。細々とやっていこうと思います。

 

なんやかんや、どうせ僕には書くことしかできないので。

 

 

 

 

処方されているソラナックスがどうも効きが悪く、どうしたもんかと先生に相談したら、シクレストという新しい薬が処方されました。半減期が24時間で、寝る前に飲んでます。

 

このシクレスト、舌下錠で、めっちゃ苦いんです。そんで服薬後10分間飲食禁止。おまけに下が痺れるという、なんかやべー薬なんじゃねえかと思うのですが、これが結構相性が良くて、いまは割と調子よく過ごせています。

 

舌下錠なので、効き始めるのがめっちゃ早いんですよね。最初は強い眠気に襲われて、眠剤がわりにもなってたんですが、いまは身体が慣れたのか眠くはならないんですが、頭がはたらかなくなるという。廃人です。まあ、どうせ寝るだけなんで問題はないんですけどね。もう少し慣れればそれも軽くなるのかしら。わかりませんが。

 

 

 

最近、チューハイにハマってるという話を以前書いた気がするのですが、チューハイ、おいしいですね。

 

で、YouTubeでおいしいチューハイの作り方というのがあって、ポッカレモンとガムシロップを使うんですよ。

 

へーって思ってやってみたら、確かにおいしい。普通にレモンを搾って作るよりも、ガムシロップのおかげで味がまろやかで飲みやすい。あまりガッツリお酒ってのは苦手な方にはおすすめです。でも、甘い。甘いのはちょっとなあと、ポッカレモンだけで作ってみたら、普通のチューハイでした。当然ですね。

 

普通にレモン買うよりも安く済みますし、家でひとりで飲むなら安いにこしたことはないので、ポッカレモンでいこうかなと思ったんですが、なんででしょうね、やっぱりレモンを絞ったほうがおいしいんですよ。

 

たぶん味だけならポッカレモンでもいいんでしょうが、レモンの風味というか、匂いですよね、そういうのはやっぱり生レモンじゃないと。あと、グラスにレモンが入ってないのはちょっと寂しい。風情がない。

 

焼酎は、僕は最近やっと飲めるようになったので(以前はチューハイすらダメでした)、味とかわからないので、4リットルの安いやつを使ってます。いまはセブンイレブンのプライベートブランドのやつ。でも、なんとなく、宝焼酎のがいいかなーって気はします。

 

仕事から帰ってきて、そそくさと準備をして、音楽を聴きながらチューハイ。晩メシ代わりに柿ピーをつまみながら。最高です。

 

休みの日はデパスを入れてちょっと楽しくなっちゃって。最近眠剤飲まないでも寝られるので、デパスが余るんですよね。ただ、職場で頓服として飲んだりもするので、切られると困る。

 

ようやく冬が来て、気候も落ち着いたので、精神的にもだいぶ楽になりました。

 

ただ、仕事のストレスが半端ない。職場でゲロ吐きました。

 

出勤途中で軽いパニックみたいになって休んだこともあります。

 

ただ、それでもいまの仕事を任せてもらえてるので、体調を鑑みつつ、がんばっていこうと思います。仕事自体は好きなので。

 

 

 

さて、推敲のほうですが、ようやく半分終わりました。

 

エネルギーを使うので、なかなか着手できないんですけど、ちまちまとやっています。

 

言われたとおりに直すと、確かに文章がスッキリして、わかりやすくなりますね。どうも僕はへたくそなくせして変化球を投げたがるので、それを直さないと……

 

内容も若干変わってます。ラストシーンは大幅に変える予定です。

 

推敲が終わって、提出して、審査に通れば出版社に営業をかけてくれるので、ワンチャン、デビューまであります。

 

ただ、僕としてはいまの推敲しているやつを終わらせて、その経験を活かして次の作品を書いてどうなるかってのが見てみたいですね。デビューできりゃそれは嬉しいですけど、なんかいまはそれよりも新しいのを書きたいって気持ちのが強いです。

 

恋愛小説とか。うそですけど。

散文詩:もういいや

JUGEMテーマ:

 

地面ばかり見て歩いていて

たまに振り返れば足跡すらなく

すべて

風にさらいとられていく

抱きしめていた 美しいままの想像

温もりさえもこぼれ落ちていく

 

もういいやって思った

いつの間にか 青春も終わっていた

もういいやって思った

どうやら俺は これで終わりのようだ

 

光射す幻想すらも

ときには俺の心を苛んで

夢のような時間は

もう訪れないと思ってた

奇跡に近づく 努力すら忘れ

人混みに紛れて 吸殻を捨てて

気づかないだけ 気づいていないだけ

目をそらしていただけ

 

もういいやって思った

明日のことなど 彼方に消え失せた

もういいやって思った

もう空に 手を伸ばす気力もない

 

後悔はない 思い残すこともない

希望はない かといって絶望もない

すべては あるがままに 心のままに

 

ちょっとしたキッカケで

ふいに思い出すことがある

誰かが笑った現実を 形ある未来へと

日想:断捨離決行

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日は出勤だったのですが、通勤途中で急激な欝に襲われてやむなく休みました。

 

で、今日明日と休みなんですが、体調も戻ってきて、明後日からはがんばれそうです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

断捨離をしました。

 

服はゾゾタウンで買い取ってもらって、あとはマンガやCDを売って、そのあとは本を売りました。

 

本はコレクション的な意味で持っていたのですが、今後読み返すことはないだろうという本が数百冊あって、それを全部売りました。ダンボールで3箱。

 

買い取ってくれる店が80円とかで売っているところなので、値段は期待してませんでしたが、ダンボール3箱で580円。

 

まあ、そんなもんですよね。

 

いままで本は新品を主に買っていたのですが、読んで売る、という以上はそれにこだわらなくてもいいのかなと。

 

ハードカバーも読んだら売っちゃえばいいんですし、いままでの束縛がなくなった気持ちです。

 

それに、わざわざ新宿まで行かないでも、古本屋で見繕えばいいので、それもまた、フットワークが軽くなっていいなあと思いました。

 

また読みたいと思えば古本屋で買えばいいんですし。

 

たまに断捨離欲に駆られるんですけど、気持ちいいですね。