そこはかとなく、いじらしく。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
日想:読書革命

JUGEMテーマ:日記・一般

 

好きなドクトリンは、トルーマン・ドクトリンです。よろしくお願いします。

 

お疲れ様です。ビッキー・ホリディです。

 

 

 

仕事終わりで電車で、電子書籍を読んでいたんです。

 

で、話が面白くなって、駅を降りて家まで読んでたんです。

 

家について、酒を作りながら読んでたんです。

 

そこで気づきましたね。

 

 

 

片手で読書できたら最高じゃん!

 

 

 

と。

 

で、調べてみるとあるもんですね。さっそくやってみました。

 

ページは親指と小指で押さえて、背表紙を残りの指で支える。

 

めくるときは親指でめくって、小指で押さえる。

 

 

 

以外と難しい。まず、小指が動かない。

 

でも30分くらい練習したら、それなりにできるようになりました。

 

もう、そこからは、『純粋理性批判』を読みながらハイボール作って飲んで。気分が変わったら緑茶ハイを作って飲んで。

 

これだよ!これがオレの理想の読書なんだよ!

 

片手読書を極めれば、いろいろと可能性が広がります。

 

極めすぎて、読みながら料理とかし始めて。

 

 

 

さすがにそれはないですか。

日想:赤羽探索記

JUGEMテーマ:日記・一般

 

二日連続の深酒で、肝臓が悲鳴をあげています。……若くないなあ。

 

お疲れ様です。ビッキー・ホリディです。

 

 

 

職場からの帰り道で、赤羽駅を通り過ぎるんですよ。

 

赤羽といえば朝から飲める街で有名ですが、赤羽で飲んだことがないんですよね。

 

これはもったいないと、途中下車して探索しました。

 

 

 

 

結論からいうと、わからねえ……

 

いやあ、難しい。店がいっぱいあって、なのに自分にしっくりくる店がない。

 

もっと通わないとダメってことですね。そんな一日二日で知った気になるなよ、ってことでしょうか。

 

結局、立ち飲み屋でちょこっと飲んで、地元のバーに行きました。

 

二日連続で来たのは初めてだったのでマスターも驚いてました。

 

昨日も飲んだし、正直、なにを頼んでいいのかわからない。

 

とりあえず1杯目はジントニック。

 

で、なにを頼めばいいのかわからないことをマスターに伝えると、「じゃあ、いろいろ紹介しようか」と。

 

ジントニックを飲み終わり、「マスター……僕はなにを飲めばいいんでしょうか」と。

 

こんな注文ありかよ、と自分でも思いましたが、そうするよりほかはありません。

 

「あ、そういえば、まだお茶のリキュールまだあるよ」とマスター。

 

3ヶ月くらい前に来たときに教えてもらった、この店オリジナルのリキュールです。烏龍茶っぽいんですけど、ほんのり漢方っぽくもあり、身体によさそうな味で、なおかつ、お茶の自然な甘味があってとてもおいしいんです。

 

「どういう飲み方がいいですか?」

「まえはトニック割りだったよね。でも、ロックでもいけるよ」

 

ということでロックでいただきました。

 

ロックのいいところは、少しずつ氷が溶けていくことで風味の変化が楽しめるところです。

 

これねえ、家だとどうしても難しいんですよね。僕はコンビニで氷を買って使っているんですけど、それでもすぐに溶けちゃう。

 

バーの氷なんて、家じゃ絶対に真似できませんし。

 

ひょんなことからAmazonギフト券2000円分が手に入ったので、これで酒飲むとき用のグラスを買おうと思って、いろいろ探しました。

 

僕もオシャレなアンティークのグラスでも買ってみようかな、とか思ったんですが、目下の問題はゆっくりとロックで楽しみたいけど氷がすぐに溶けちゃう問題なので、今回はパス。

 

で、氷はもう、諦めるしかない。となると、溶けにくいグラスを探せばいいんじゃね、と思いつき、サーモスの300mlと600mlのタンブラーを買いました。信頼と実績のサーモス。

 

と、話が逸れましたね。

 

お茶のリキュールですが、氷が溶けていくにつれ、お茶本来の甘味が出てきて、全体的に丸みを帯びてきます。おいしい。

 

お次は、ふと久しぶりにアブサンが飲みたくなったので、ソーダ割りで。

 

で、マスターに「次はなにを飲めばいいでしょうか?」

 

そうだなあ……と、ボトルを見ながら。「あ、ブランデーいってみる?」

 

ということでブランデーを。

 

ほとんど初めてですね。飲んだのは。

 

で、ただのブランデーじゃないんですよ。エルダーフラワーを使ったブランデーで、色が無色透明なんです。

 

香りが花の香りで、舐めるようにして飲むとふわっと華やかな風味が口に広がります。

 

こんなお酒もあるのか……いや、これはすごい。めっちゃうまい。

 

次に飲んだブランデーが、ぶどうではなく、カシスを蒸留したもので、香りが、もう、目の前でカシスをしぼったような、生々しい香りでした。蒸留ってすげえええ!!!!紫色の、カシスソーダとかに使うような、あれの比じゃないくらいめっちゃカシスでした。

 

本当に奥が深い……面白いです。

日想:シンガポールスリングの思い出

JUGEMテーマ:日記・一般

 

幸せな二日酔いです。

 

お疲れ様です。ビッキー・ホリディです。

 

 

 

馴染みのバーに行ってきました。

 

前までは5杯くらい飲んでサクッと帰っていたのですが、ここのところついつい飲み過ぎちゃうんですよね。

 

マスターの話が面白いのもありますし、音楽がいいのもありますし、いろいろ理由はあるんですが。

 

でも不思議と飲みすぎて二日酔いになっても、だるかったりとかそういうことはなく、むしろ元気な二日酔いとでもいいますか、明日から頑張ろうって感じの二日酔いなんです。

 

超久しぶりにシンガポールスリングというカクテルを飲みました。

 

まだ学生のころに、初めてそのお店に行ったときに頼んで以来です。

 

シンガポールスリングは、リキュールなどがグラスの下のほうにあって、色が二層に分かれているのが一般的なんですが、ここのお店ではシェークされているんです。

 

マスター曰く、「店によってこだわりがある」とのこと。

 

シンガポールスリングひとつとってもいろいろあるんだなあと。

 

バーといえば、お酒と音楽ですが、お酒も音楽も奥が深い。

 

お酒だって、カクテルは星の数ほどあると言われてますし、ウイスキーだってバーボンだスコッチだシングルモルトだといろいろあります。音楽も、ジャズひとつとっても奥が深いですし、本当に好奇心をくすぐられるところです。マスターに訊けばいろいろ教えてもらえますし。楽しいところです。

 

ただ、それだけじゃない。

 

お店で扱っているグラスもまた、いろいろあるんです。

 

アンティークのグラスなんですけど、それもいろいろあって、お酒に合わせて変わってくるんですけど、それが面白い。

 

カウンターに置いたまま底を見ると美しく輝いていたり、証明にかざすとこれまた美しい影が映ったり。

 

マスターは、「グラスはお酒のドレスだ」と言っていました。

 

カッコいいですね。でもそう言われるとお酒の味だけでなく、グラスの美しさも楽しめてなんだか得をした気持ちです。

 

 

 

こんな感じで、バーに行くといろいろ勉強になります。実生活では不要な知識かもしれませんが、それこそが幸せになれるものなんじゃないかなと思うんです。

 

音楽とお酒は、僕の小説でも重要なファクターとして出てきますが、別に無くても困らないじゃないですか。あくまで嗜好品で。

 

でも、ここまで奥が深くて興味深いものも、そうそうないと思います。あと、大抵の悩みは音楽とお酒で解決できるような気もしますし。

 

バーの楽しみかたもお酒を飲むだけでなく、音楽に耳を傾けてみたりグラスを見つめてみたりすると、二重三重に楽しめます。

 

そんなことを教わった夜でした。

日想:ビールと素きゅうり

JUGEMテーマ:日記・一般

 

いつ設定したのかわからないんですが、スマホから直で家のプリンターで印刷できました。

 

お疲れ様です。ビッキー・ホリディです。

 

 

 

今日の記事、なに書こうかなーなんて考えながら、ビールを飲んでたんです。

 

つまみも特になく、冷蔵庫には調味料とヨーグルトしかない。

 

あ、そういえば今日、きゅうりを2本買ったな、と思い出して、そのままかじりながらビールを飲んでました。

 

 

 

結構いける。

 

 

 

塩もマヨネーズもつけずに、ただ素きゅうりをぼりぼり。そして缶ビールを飲む。

 

これは新しい発見でした。

 

きゅうりも500mlという量にちょうどいい感じで。おいしかったです。

 

で、なんできゅうりを買ったかというと、サンドイッチのレシピを増やしたかったんですよ。

 

僕は最近、朝、ヨーグルトとフルーツグラノーラにサンドイッチを食べてるんです。

 

サンドイッチっていっても、食パンにハムとチーズとドレッシングを乗せて、もう一枚で挟んで、四等分にするだけの、飾りっけのないものなんですけど。まあ、朝はそんなもんでしょう。

 

ただ、毎朝それだと飽きるんですよね。で、明日はきゅうりとマヨネーズでサンドイッチを作ってみようと思って買ったんです。

 

スーパーに行ったら、きゅうりが1本49円で売ってて。なんとなく2本買ったんですけど、1本で充分だよなと、買ってから思いました。

 

 

 

ヨーグルトが大好きで、以前ヨーグルトメーカーを持っていたくらいなんですけど、これにフルーツグラノーラがまあ、おいしいこと。

 

フルーツグラノーラって、最近まで知らずに、昔はシリアルのようにむしゃむしゃ食べてたんですよ。あっという間に無くなるじゃないですか。で、あれって高いじゃないですか。で、コスパ悪いなーなんて思ってたんですけど、あれ、一日の摂取目安が50gなんです。

 

少なく感じるかもですけど、ヨーグルトと混ぜる分には充分な量です。なので、シリアルのごとくむしゃむしゃ食べるほうが間違っていたということです。

 

 

 

もともと朝ごはんは食べないでいたんですけど、早起きをするようになって、お腹が空くんですよね。で食べるようになりました。

 

ヨーグルトとサンドイッチ。

 

サンドイッチで手間がかからないレシピがありましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

日想:Kindle Unlimitedがマジでアツい

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日の分の記事です。

 

お疲れ様です。ビッキー・ホリディです。

 

 

 

電車通勤も板についてきて、満員電車で読書もできるようになりました。

 

前にも書きましたが、僕はKindle fire7というタブレットを使って読書をしています。

 

普通のタブレット端末と比べると見劣りする部分はありますが、これ、なにがいいって、めっちゃ安いんですよ。

 

タイムセールで4千円くらいで買いました。

 

で、僕はもう、このタブレットは動画用、読書用と割り切って使っているので、そこまで不便さは感じません。

 

それとKindle Unlimited

 

これが本当にすごい。

 

月980円で本が読み放題なんです。

 

980円っていったら、下手すりゃ1冊読めば元が取れますからね。

 

ラインナップもすごいんですよ。

 

光文社古典新訳文庫が入ってるんです。これはありがたい。買うと高いですからね。

 

いま僕はレフ・トロツキー『永続革命論』を読んでます。

 

こんなの、まず買わないですからね。読み放題だから読んでるんであって。でも、なかなかどうして、興味深い内容です。

 

あと、最近だとハリーポッターシリーズがなんと読み放題!

 

ブームのときに触れてこなかったので、これを機に読んでみようかと。

 

 

 

『永続革命論』ですが、これ、朝から読むもんじゃないですね。寝起きで読んでも難しくて眠くなるっていう。しかも通勤っていうテンションの低いときに読むというのは。

 

なので、行きはハリーポッター、帰りは永続革命論って感じで読んでいこうと思いました。

 

あと、電子書籍のいいところは、風呂でも読めるというところ。紙だと、読めなくはないですが、どうしても抵抗があるし形が崩れちゃうし。

 

その点、電子書籍は、落とさなければ大丈夫なので、安心して読めます。

 

紙の本は、家で読んでます。持ち歩くと汚れるので。ページが折れたりとかね。