そこはかとなく、いじらしく。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
日想:WEBライターにチャレンジします

JUGEMテーマ:日記・一般

 

9月の手当て(ミニボーナス的なもの)が、期待はしていなかったものの、それを下回る額で12月のボーナスまでマジでやばいです。

 

ということで単発の派遣に登録をしました。倉庫内作業です。以前にも別の派遣会社でやっていたので、まあ、どうにかなるでしょう。

 

12月になれば舞えるのですが、それまでは派遣で食いつないでいきます。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

派遣とは別で、バイトを探していたら、WEBライターの仕事の募集がありました。昔にやったことがあるのですが、書いていてつまらなくて続かなかったんですよね。でもやっぱり文章を書く仕事というのは魅力的で、とりあえずやってみることにしました。

 

そこの会社は研修制度もあって、そこでおそらくはノウハウを教えてくれるのでしょう。それに、知らないものの記事を書くときには資料を用意してくれるというので、これならやっていけそうだなと思い、決断しました。

 

まあ、それでうまくいっていまの職場をやめるってのは考えてませんが、どうせならそれくらい稼げるようになりたいですね。物書きのはしくれとしては。

 

ただ、僕には弱点があって、持病の影響で習慣化できないんですよ。

 

たとえば朝いつもより早く起きて、1つ記事を書いて、仕事から帰ってきて1つ記事を書いて、休みの日は午前中に5つくらい記事を書いて、と思い描いてはいるのですが、体調が悪いと朝も起きられない、夜も疲れきっている、休みの日は怠惰に過ごすということもあるので、コンスタントに書ける自信がないんですよ。

 

やってみなきゃわからないってのはありますが、それが不安要素です。

 

でも文章を書いてお金がもらえるというのは、単純に考えればこれ以上ないことだと思います。

 

どこまでできるかはわかりませんが、偶然見つけた求人で、これもなにかの縁だと思うので精一杯やっていこうと思います。

日想:緑茶がおいしい

JUGEMテーマ:日記・一般

 

たまにYoutubeで動画をアップしているんですけど、なんかこう、このサイトとリンクできないですかね。

 

アーカイブを作っていたのですが数が増えると見栄えが悪くなっちゃって。

 

どうにかならんもんですかね。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

職場で、利用者様からお茶をいただきました。なんでも取り寄せないと手に入らないという、貴重なお茶らしいです。

 

で、「あんたも飲んでみな」と、袋にドサドサっとパックを入れて、大量にくれました。「こんなにもらっていいの?」と訊くと、「いいんだよ、おいしく飲んでね」と。なんとも太っ腹な方です。

 

で、飲んでみたら、本当においしい。お茶なんて滅多に飲まないし、全然わかりませんが、これはもう、香りだけでもそこらへんのとは違うのがわかります。お茶って奥が深いんだなあと思いました。味も、渋みはあまりなく、甘味とほどよい苦味があって、非常に上品な味でした。

 

飲んだのが勤務中で、そのときは事務仕事ではなく、現場に駆り出されていたのですが、ひと段落したので早速淹れて飲みました。

 

 

 

 

最近、また、新しい趣味を探す病にかかってます。

 

いまはもっぱらチューハイで飲んだくれているのが、まあ、趣味といえば趣味なんですけど、カメラを始めたいなあなんて。

 

新宿御苑が好きなので、そこでいろんな草花を撮ったりしたいなあとか。あとはハイキングがてらちょっとした山とかに行って風景を撮ったり……

 

楽しそうですよね。125ccのバイクもあるので、ツーリング先とかでも撮ったりなんかして。

 

デジタル一眼レフ……

 

いいなあとは思いますが、たぶん実現はしないでしょう。

 

外に出たいなあという気持ちがあって、引きこもりっぱなしなので。で、そのきっかけにカメラなんかどうだろうと思ったんですよ。

 

ただ、外に出るつってもどこへ行っていいのかわからない。行きたいところがないんですよね。

 

飲みに行くのも、サーモスのアイスペールが優秀で、それにソーダストリームもあるので、チューハイやハイボールは飲み放談。居酒屋へいくもの馬鹿らしい。ビールは飲むとなぜか疲れるので、あまり飲んでません。

 

で、動画を見ながら酒を飲んで。デパスも一緒に飲んで。で、気持ちよくなるのが唯一の気晴らしですね。もう末期ですね。

 

 

 

アナザーエデンのほうは、ぼちぼちやってます。いまは武器の強化にいそしんでます。素材を入手するのが面倒で……ボスを倒さないと手に入らないという。つまり、ザコ敵だったらダンジョンをウロチョロしてエンカウントすれば可能性はあるんですが、ボスだと1回こっきり。倒して、またダンジョンに入って。しかもダンジョンに入るのにも制限があって、時間でもらえるカードキーがないと入れないんです。足りなければクロノスの石という、課金で手に入る(課金しなくても手に入りますが、ある程度進めてしまうと手に入りづらくなる)石を消費しなければなりません。

 

で、ボスから手に入る素材を20個集めなければならないんです。もう馬鹿かと阿呆かと。20回も周回するの!?正気の沙汰じゃねえ……でも強化するとすげー強くなるんですよ。装備しているキャラもめちゃくちゃ強いので、是非とも強化したいんですけど……とりあえず10個は揃いました。半分。

 

まあ、ガチャも引き尽くした感はあるので、クロノスの石を浪費することはないんですが、ただ、まあ、釈然としない……

日想:6周年経ってました

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「ねじまき鳥よ、おれの幸運を願え」、いつの間にやら6周年を迎えていました。

 

いろいろありましたねえ。遡れば中学生のころにテキストサイトを始めて、5年くらいかな、毎日更新してたんですよ。そのころは。で、統合失調症を患って閉鎖して、大学生のころもテキストサイトをやろうと、始めては潰してを繰り返していました。社会人になって、病気も寛解して、始めたのがこのサイトというわけです。

 

更新頻度が月1、良くて週1という体たらくですが、これからも低空飛行でやっていきますので、みなさん、どうかこれからもよろしくお願いします。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

最近、チューハイにハマってます。おいしいです。チューハイ。サワーではありません。チューハイです。

 

というのも、向井秀徳がチューハイを語る動画がありまして、

 

 

 

 

これです。

 

これを見たら自分も飲みたくなって100円ローソンで急いで焼酎とレモンを買ってきて飲んだんです。

 

うまい。

 

それからというもの、ほぼ毎日飲んでます。

 

僕はキンミヤではなく、宝焼酎です。コンビニで2リットルのやつが売っていたのでそれで作ってます。2リットルで1000円ちょっと。安い焼酎は、昔潰れて飲めなくなった思い出があるので不安でしたが、宝焼酎はいいですね。飲みやすい。

 

昨日は午前中で仕事が終わったので、いつものクリニックに行ってからひたすら飲んでました。

 

ハイボールも好きですが、いまはチューハイですね。安くあがりますし、爽やかだし。

 

仕事から帰ってきて、ささっと寝支度を済ませてチューハイを飲む。で、いい心持ちになったら更新しようといつも思うのですが、いつも寝てしまいます。

 

U-NEXTでアカギを見るか、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールを見るかしながら飲んでます。

 

デジタル・コンサートホール、これいいですよ。CDで聴いているとどうも集中できないというか、あとはまあ、もっぱらマーラーばかり聴いているので、飽きることはないんですけど、どうも味気ない。で、デジタル・コンサートホールは、コンサートの映像が見られるので、聴いていて楽しいし、見ていてカッコいいしで、いい感じです。知らない曲もこれで聴けますし、知っている曲も映像があるとまたひと味違って。

 

またコンサート行きたいなあ。マーラーの7番やってくれないかなあ。

空想:過去からの嘲笑

JUGEMテーマ:ショート・ショート

 

「――あと、はんぺんと卵も……あ、ツユ多めにお願いします」

 

会計を済ませて家路へと向かう。今日は、いまコンビニで買ったおでんを肴に熱燗を飲もう。徳利に酒を注いで、水を張った鍋に置いて火にかける。沸騰するまでの間にシャワーや着替えを済ませる。熱燗にするのだから、酒は安いやつでいい。この間買ったやつがまだ結構残っているはずだ。

 

おでんが冷めないようにと足早になる。しかし走ってしまうとツユがこぼれてしまう。ツユは食べ終わったあとに出汁割りにして飲むから、大切にしなければならない。

 

玄関の鍵を開けてドアを開くと、煙草やコーヒーのかすや体臭などの、俺の「生活の臭い」がした。おでんをテーブルに置いて、早速熱燗に取り掛かった。そしてざっとシャワーを浴びて、床に脱ぎ捨てられた寝巻きに着替える。まだ沸騰はしていなかった。煙草に火をつけて、鍋をじっと見ていた。

 

徐々に小さなあぶくが出てきて、ふつふつと音がする。あぶくはだんだん増えてきて、音も大きくなっていく。

 

――まだわたしのこと、好きでいてくれてますか?

 

耳元でそう囁かれた気がした。なんだこれは。聞き覚えのある声だった。

 

――あと5年もかかるんだねえ、オープンしたら一緒に行こうね。

 

間違いない、ユナの声だった。中学生のときに初めてできた恋人だ。ユナだと気づくと、鍋の水のあぶくが昇ってきて破裂するごとに、記憶が蘇ってくる。夜の公園で初めてキスをしたときのこと、好きなのにすれ違い始めて、どうしようもない無力感に襲われたこと、そのあとに抱きしめてずっと一緒にいようと、ささやかな誓いをした日のこと……

 

どれもこれもがまるでその当時に戻ったかのように鮮明に、手に取れるくらいにリアルに、記憶が溢れ出てくる。なんで別れたんだっけ、と考えた。そうだ、彼女の気持ちを、俺が受け止めきれずにいて、もうどうしようもなかったんだった。怖かったんだ。俺のことを好きだと言ってくれる彼女の気持ちに疑心暗鬼になることも、信じて、別れが来てしまったときのことも、なにもかもが。

 

……もっと自分に素直になれていれば、なんて、今更になって思う。もう昔のことじゃないか。引きずっているのか?そんなわけはない。別にいま、どうこうするという話ではない。

 

鍋はすでに沸騰していた。徳利を取り出して、テーブルへと向かうと、シンヤが座っていた。高校生になって初めてできた友人で、俺にマーラーの交響曲を教えてくれた奴だ。クレバーだが、奴は万引きの常習犯で、高校二年生のときについに捕まって、そのまま退学になった。

 

目と目が合った。俺たちはふっと笑った。俺は交響曲第1番「巨人」を流した。

 

「なんでこうも、昔のことばかり思い出すんだろう」

 

――別に悪いことじゃないだろう。

 

「まあね。でも、未練もなにもないし、俺はいまをそれなりに楽しくやってるよ」

 

――でも、お前は、あのとき過去を全否定しただろう。過去がなければ現在はない。そんな当たり前のことに気づかずに、お前は「現在」を出発してしまった。これは、その「ひずみ」なんだよ。

 

「別にいいじゃないか。俺は後悔のない人生を生きている。そして、誰に文句を言われることのない生活を送っている。なにが問題だっていうんだ」

 

――問題がないことが問題なんだよ。いいか?人はときに取り返しのつかないことで葛藤したり、後悔したりするものなんだ。それは一見、意味のないことに思えるかもしれない。でもな、その葛藤や後悔の先に、未来はあるんだよ。どうしようもないことで悶え苦しんで、手を伸ばした先にね。お前にいま、なにがある?なにもないだろう?そう、「問題」すらもないから、なにもないんだよ。そこにあるおでんと酒くらいなもんじゃないか?

 

「……そうでもしなきゃ、やってられないんだよ。お前にわかるか?急に周りが敵に見えて、聞こえてくるのは俺への脅迫だけだ。寝ていても足音で目が覚めて、俺を殺しに来たんじゃないかと震える。理由もないのに惨めになって泣いてしまう。死にたいのに死ねない。自殺する気力すらもないんだ。ただ漫然と恐怖と絶望にうちひしがれているだけだ。病院に連れて行かれて、今度は大量の薬を飲まされて。副作用でだるさ以外の感覚はなにもない。俺もそのときの記憶なんてないよ。それでも俺は、休むことを許されなかった。バイト先からは電話は来るし、講義をサボれば親にケツを叩かれて。結局俺は、大学も出たし、就職だってした。体調は良くなったけど、だからこそ、再スタートを切るには、そんな過去を捨てるしかないだろう?だって俺は健常者のフリをしてるんだから。一旦、『ボクは弱い人間です』なんて吐いた日にゃ、それこそおしまいだ。――でも俺はそこまで強い人間じゃない」

 

――人間はそれほど強くはできてないし、かといってそれほど弱くもできてはいない。お前の過去はここにある。そこから探すんだよ。恐怖と絶望の記憶だけじゃないだろう?胸にしまっておきたい、愛おしい記憶だってあるだろう?お前は全部捨ててしまった。だから、この「ひずみ」の中から探すんだよ。かけがえのない「思い出」を。

 

そう言うとシンヤは部屋から出ていった。おでんも燗もまだ熱かった。俺はお猪口に酒を注いで、飲んだ。喉から全身へ、温もりが染み渡る。おでんの大根もよく味がしみている。大手を振って酒が飲める歳になってもう、どれくらいになるだろう。昔は居酒屋になんて入れなかったから、公園で夜を明かしたりしてたっけ。それもおまわりに見つかったら補導されるから、逃げ回りながら。

 

そのときにいろんな打明話をした。楽しかった思い出だ。

 

マーラーの交響曲が鳴り続けるこの部屋で、シンヤと、最高なのは1番と7番とで割れて大喧嘩したことを思い出しながら、おでんをつついた。

日想:ブロンODやってみた

JUGEMテーマ:日記・一般

 

推敲の進捗ですが、ようやく半分までいきました。いやー、ほんとに手強いです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

前々から気になっていた、風邪薬のブロン。

 

これをオーバードーズすると気持ちよくなれると有名ですが、昔眠れなくて市販の睡眠薬を飲んで地獄を見たことがあるので、市販薬はちょっとなあと尻込みをしていました。ですが、まあ、特に理由はないんですが、純粋な好奇心でブロンを買ってきてやってみました。

 

とりあえず20錠。

 

30分くらいしてラリパッパしてる感じがきました。おお、なるほど、これはいい。噂にたがわぬ効き目だ。

 

と、しばらく気持ちよくなっていたんですが、さらに1時間くらいでしょうか、今度は眠剤を飲んだときのようなふわーっとした感じが。これはこれでいい感じです。確かにこれはやみつきになるかも……

 

さらに1時間すると、急に身体が重くなり、だるさマックスです。とりあえず寝ました。3時間くらい寝たんですが、それでもまだだるい。

 

結局次の日の昼くらいまで引きずってました。

 

調べると、1時間おきに10錠とか、追加で飲んでいる人もいて、確かにずっとラリパッパしていたいのなら、そういう方法もあるなと。じゃないとだるくなっちゃうので。

 

でも、それやっちゃうとやめたときの反動が非常に恐ろしいです。20錠で結構引きずるので、そんな飲み方したら手放せなくなりますよ。

 

ちなみに別の日に10錠飲んでみたんですが、10錠だと効いてるのかどうなのかわかりませんでした。

 

 

 

まあ、そんな感じです。ODするな、というのは大前提ですが、現実逃避したいときだってあるでしょう。そういう意味でいえば、ODは選択肢のひとつなのかもしれません。推奨はしませんが。僕もいろんな薬でやってますが、その瞬間はいいですが、あとはろくなことがないので。

 

で、ブロンは、僕としてはあんまりでした。1時間しかハイになれないのと、2、3時間後にはすげーだるくなるのとで、あんまり割には合わないなと思います。追加で飲んでいくなら別ですが、それやっちゃうとキリがなくなるので。84錠、およそ4回分で1000円くらいという値段から考えても、やっぱり割に合わないと思います。

 

辛いときは素直にメンタルクリニックへ受診するのが一番です。