そこはかとなく、いじらしく。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
色情狂時代

JUGEMテーマ:

 

繰り返される悪夢の連鎖 望まれぬ恋、あるいは裏切り

"寂しくて寂しくてたまらないの" 明日の食パンも買えないくらいに

鉄の砂漠を歩く駱駝の群れ 笑っちゃうくらいに幸せそうで それでも

"寂しくて寂しくてたまらないの" "もっと自分を理解(わか)って欲しいの"

曲が良ければ予定調和もドラマになる 結局最後は同じ結末

わかっている わかっている わかっている わかっている

36.5℃の憂鬱に身をゆだねていれば忘れられる喧騒 迷走 愛情?あっ、そう

逃れられぬ性的衝動 歯の浮いた大義名分 わかっていて騙される男と女

忘れられぬ昇天経験 まどろむ瞳の愛情表現 やぶれかぶれの下手くそな前戯

風が吹けば飛ぶようなプライドを胸に明日をも知れぬ刹那的快楽を求めて

さ、さ、彷徨う 彷徨う 彷徨う刃は黄昏を切り裂き夜を連れてくる

ここぞとばかりに駆け込む 汗と体液の染み込んだ色情の館

自分ひとりじゃ立っていられないから 思考停止の果ての確認作業

渇く承認欲求 慕情をこじらせた欲情 無念、無念と抱かれる姿は飢えた獣より醜い有様

寝室に鏡が無いのがせめてもの救いか 現実逃避の夜間飛行

恥じらうフリをして

愛するフリをして

感じたフリをして

いっちゃったフリをして

ため息混じりの大脳新皮質 忘れられた前頭葉 デートはゲームだ 気がつけばAM(翌朝)だ

咲けば枯れる 若さも老いる 生まれれば死ぬ 移ろう心に真夏の夜の夢

涙を流してちょうだいよ 優しさ・イコール・下心

とはいえ

智に働けば角が立つ 情に棹させば流される 意地を通せば窮屈だ

絵を描くんです あなたを描くんです

兎角に住みにくい人の世で セ・ラ・ヴィと口笛でも吹けばいいものを

"まだ離れたくない"

理性を失えば人間(ひと)は動物になり、感情を失えばモノになる

スーパーマンになるしかないのか? スーパーマンになりたくないかい?

だから

絵を描くんです 風を描くんです

諸行は無常でこの世は異常だ 狂っているかは程度の差でしかない

先にたつ意志とそれを映す表象の世界で

憐れむな人間よ 最悪の先に光がある

美しすぎる夜に散った恋はそれが夢だったとさえ思えるほど鮮やかな輪郭を持ち、誰もが忘れている場所へ置いてきた

雑踏 圧倒 宵闇が手を伸ばせば 嘆かわしい演者がまた現れる

時は移ろい、温度も匂いもわからぬ愛がある

電脳の悪魔に魂を売った 外で遊べない大人たち

一度知った蜜の味は 蛇の教えた林檎より甘美で

とどのつまりは性的衝動 抑えきれぬ性的衝動 数え切れぬ性的衝動 振り払えぬ性的衝動

悲しい性かな、この色情狂時代に生きる子羊たちよ

メシアは死んだ なんというカタルシス 泣きたくなるほど世間は完璧だ

未来は無いけど明日はある 輪廻転生?冗談じゃない

羅針盤を失った泥の船から かの英雄はこう云った

「勝手にしやがれ!」

【散文詩】みじめな恋

JUGEMテーマ:

 

もう寝なくちゃ 明日も起きられない

錠剤を流し込んで 虚ろな喜びを胸に

明日も会えるかな 明日も笑えるかな

もうそれ以上 なにも望むべくもない

 

輝きのない光が

風にさらいとられていく

満たされない思いが

それでいいんだと呟いた

 

手を伸ばしても 手を伸ばしても

見つめていても 見つめていても

失うまで気づかない

本当に欲しいものはなんだったのかなんて

 

溶けるように抱き合って

泣きたくなるほど寄り添っても

きっと交わることはない 平行線

それをあなたは見抜いてた

 

諦めましたよ 諦めた どう諦めた 諦めきれぬと諦めた

 

そんな卑しい自分が

本当は一番愛おしくて

いずれ堕ちていくだろうけど

希望なんてない

夢なんて夢のまま

やがて鳥たちが飛ぶころに

僕もまた歩き出す

光のない輝きの中を

 

間違いだったけど

思い出のひとつになれたかな

寂しいけれど

でもそれが正解なのだろう

 

僕がうすいビールを飲んでいるころ

あなたはなにをしていますか

 

ただれた胃に

優しくなれるはずもない

あのときのときめきさえ

ため息と共に消えていった

シケた煙草の煙となって

なにもかもが

 

当たり前に時間は流れ

当たり前に心は砕かれて

それでも笑っていられたらいいのにな

 

もう終わりにしよう

わかりきったことをわからないフリをして

わからないことをわかったようなフリをして

永遠なんてないんだから

終わりにしよう

 

髪を切らなくちゃ 切らなくちゃ

生きているうちに

空想慕情散文詩

JUGEMテーマ:

無くさないでください

忘れてしまってもいいんです

でも

無くさないでください

それだけが、それだけが

 

黒い夢を見ました

私は泣いていました

それでもいつまでも

あなたのまぼろしを

見つめ続けていたいのです

 

道連れになんてできません

私は私、あなたはあなた

残酷な運命だと

呪いたい思いですが

それでも

前を向いて

笑顔で挨拶

 

あなたのまぼろしを

抱きしめながら……

 

叶うことはない

報われることもない

野暮な打算はもうしません

それでも、いつまでも

あなたのまぼろしを

追いかけさせて

 

たったひとときでいいんです

ほんの一瞬でいいんです

この手に、この手に

あなたが繋がれば

 

きっとそれは

望まない未来でしょう

 

僕が死んだら

ガーベラの花を

棺桶に埋めてください

 

足音が聞こえる

ピスタチオの殻を踏む

慇懃な足音

 

離さないでください

つなぎとめてください

あなたの、あなたの

まぼろしではなく

あなたの守るべきものを

ラッカースプレーを握りしめてシャッターの前に佇む少年のような
JUGEMテーマ:


【月が泣いている】

月が泣いている夜に
きみに電話をかけてみた
明るい調子の声色のきみ
おれは電話を切って泣いた



【最後の求愛】

必死になって
おどけている人が求めているものは
愛なのかもしれない
でもあえてぼくはそれを
「死」と呼ぼう



【優しい人】

優しい人は
優しさに飢えている



【嘘くさい笑顔】

ぼくがつまづいたとき
みんなが手を差し伸べる
それはもう一度
ぼくがつまづくのを
見たいから



【シャ・ラ・ラ】

冷めたふりして口説いても
誰も振り向かない
夢中になればなるだけ
言葉が出てこない
抱きすくめればいいものを
「それじゃ、また」と
手を振る始末
そんな男に惚れられた
あなたにおれは
同情する



【ふしぎな人】

君は一体誰なの?
なんでこっちを見ているの?
おれの心に金属のチップを
埋め込もうとしている
目を合わせると心を読まれる
やめろ
覗くな
見るな
笑うな
馬鹿にするな!



【虹色の思い出】

失えばなんだって美しい
自ら捨てたものでさえ
振り返ると愛おしい
駈け出して抱きしめようと
今度は離さないぞと心に誓って
目の前のものを放り出す



【人気者でいこう】

辛くても
笑いあえる仲間がいれば
乗り越えられるさ
それならお前がやってみろ



【生活】

新聞をとって
牛乳をとって
玄関で靴を履く
いまのおれにはなにができるだろう?



【涙色のスカート】

ひらひらと舞うたびに
悲しさだけが風に溶ける
とびきりシャイな瞬間に
思いを告げたなら
その答えはきっと
スカートのポケットの中にある