そこはかとなく、いじらしく。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018/02/13 日想 | main | 2018/02/22 日想 >>
【散文詩】みじめな恋

JUGEMテーマ:

 

もう寝なくちゃ 明日も起きられない

錠剤を流し込んで 虚ろな喜びを胸に

明日も会えるかな 明日も笑えるかな

もうそれ以上 なにも望むべくもない

 

輝きのない光が

風にさらいとられていく

満たされない思いが

それでいいんだと呟いた

 

手を伸ばしても 手を伸ばしても

見つめていても 見つめていても

失うまで気づかない

本当に欲しいものはなんだったのかなんて

 

溶けるように抱き合って

泣きたくなるほど寄り添っても

きっと交わることはない 平行線

それをあなたは見抜いてた

 

諦めましたよ 諦めた どう諦めた 諦めきれぬと諦めた

 

そんな卑しい自分が

本当は一番愛おしくて

いずれ堕ちていくだろうけど

希望なんてない

夢なんて夢のまま

やがて鳥たちが飛ぶころに

僕もまた歩き出す

光のない輝きの中を

 

間違いだったけど

思い出のひとつになれたかな

寂しいけれど

でもそれが正解なのだろう

 

僕がうすいビールを飲んでいるころ

あなたはなにをしていますか

 

ただれた胃に

優しくなれるはずもない

あのときのときめきさえ

ため息と共に消えていった

シケた煙草の煙となって

なにもかもが

 

当たり前に時間は流れ

当たり前に心は砕かれて

それでも笑っていられたらいいのにな

 

もう終わりにしよう

わかりきったことをわからないフリをして

わからないことをわかったようなフリをして

永遠なんてないんだから

終わりにしよう

 

髪を切らなくちゃ 切らなくちゃ

生きているうちに

COMMENT









Trackback URL
http://screwed-bird.jugem.jp/trackback/65
TRACKBACK